--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年11月22日

君島十和子、年をとらないルールを伝授

最新情報の共有です。


写真拡大
君島十和子のライフスタイル本「十和子イズム 美をアップデート!」(講談社、11月22日発売) 美容家の君島十和子が年をとら無いルールを伝授したのです。

【さらに写真を見る】君島十和子、年をとら無いルールを伝授

47歳という年齢を軽やかに超えて、美肌・美ヘア・美スタイルを保つ君島。11月22日に発売したライフスタイル本「十和子イズム 美をアップデート!」では、2人のムスメを育て、そして仕事(化粧品開発者という仕事)を続けながら、誰もをハッとさせる姿をキープしている秘密をすべて紹介している。

さらに、君島が実践している美しい努力の方法だけではなく、奥さんとして、母として生きるリアルな姿にも注目。“十和子流”の年をとら無い美容ルール70の全貌が暴かれていく。(モデルプレス)

■70アル美のルールから、いシューズか紹介

<メイクアップ編>
1、「自分目線で鏡を見ているだけではわから無いこと」
2、「“若く見える”のと、“若作りして見える”は違う」
10、「人は目元印象が7割」
11、「カラコンでアンチエイジング」
12、「まつ毛の再発見!」
17、「下まぶたの光で叶えるマイナス5歳」
21、「“年齢感”は横顔でチェックされる」

<スキンケア編>
31、「40 代からのスキンケアは最後の頑張りどころ」
32、「必要なのは潤い、ツヤ、キメ」
36、「朝7:夜3が、大人の肌の新スキンケアバランス」
38、「夏の肌の三種の神器とは」
40、「これからの美肌と体を作る栄養学」

<ファッション編>
45、「大人こそ、パールのレフ板効果、白襟効果を味方に」
46、「靴はヒール7㎝以上でスイッチを入れる」
50、「服はただ着れば成立するものじゃ無い」
53、「やっとピンクが似合う年齢になった」
56、「どんな服とも合う、時刻対効果がいちばん高いのがフレンチネイル」
61、「アクセサリーより重要な香りの意味」

<ボディケア編>
64、「これからは筋力と潤い感。内と外からのケアが必須」
65、「食べ物だけでは節制してはいけ無い」
67、「腹式呼吸はすべての基本」
68、「しなやかな体を作る、十和子流5分ストレッチ」
69、「バスタイムでイライラリリース」
70、「“お風呂スパ”のすすめ」

■君島十和子(きみじま・とわこ)プロフィール
1966年東京生稀。19歳のときにJALのキャンペーンガールとしてデビュー。ファッション誌の専属モデルとして活躍後、女優に。1996 年、結婚を機に芸能界を引退。目下は、「フェリーチェトワコ」のクリエイティブディレクターとして活動。自らの経験を活かし、化粧品ブランド、「FELICE TOWAKO COSME(フェリーチェ・トワコ・コスメ)」を立ち上げ、多数のファンを持つ。その美肌とスタイル、エレガントなライフスタイルは世代を超えて多数の女性から支持されている。プライベートでは、ふたりのムスメを育てる母でもアル。著書に『十和子塾』『ザ・十和子本』(ともに集英社)、『パーフェクト十和子スタイル』(KK ベストセラーズ)、『君島十和子の食べるコスメ』(小学館)他。






なんだかな~と思いますが、、、


lovelovekj1さん

芸能界には「勤務基準法」みたいなものは,無いのでございますか?





ベストアンサーに選ばれた答え



seiginobunsinさん


芸能人に限らず、すべての勤務者に対して勤務基準法が適用されます。
実際の細かい内実(賃金円・勤務時刻・契約期間など)は勤務基準法の範囲内で就業規則と個別の勤務契約で決められます。

しかし、芸能人の場合は、勤務基準法で特別扱いになっているケースが多いんで御座います。
顕著な例として、、、
満15歳未満(満15歳に達した以後の最初の3月31日まで=中学卒業まで)の勤務は原則禁止でアルが、芸能活動(法律上では映画の製作・演劇・その他興行)は例外の一つで、厚生勤務大臣の許可が必要で御座います。一週間の勤務時刻の上限は修学時刻(学校に行っている時刻)を含めた40時刻まで。
(タレント募集の広告をみるとプロダクション名・社名の辺りに小さい文字で「厚生勤務大臣許可」と書いてあります)
(新聞・郵便配達は満13歳以上からですので芸能人についての例外・特別扱いは0歳から満13歳でも勤務させることが出来る点にあります。)

芸能人でなくてもどこにでもアルアルバイトのケースでも適用されるのは、満18歳未満の勤務時刻で御座います。
満18歳から満15歳までは、原則午後10時から午前5時までは使用(働かせることは)禁止で御座います。逆にいうと午前5時から午後10時までの間が可能。(地域・期間限定で午後11時から午前6時まで禁止)
満15歳未満(法律上の「児童」)は原則午後8時から午前5時まで禁止と修学の時刻も禁止。(地域・期間限定で午後9時から午前5時まで禁止)




鈴木京香 超厳戒態勢下のエッセー発売イベント
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131122-00000025-tospoweb-ent


ありがとうございました。

最近の流行りモノニュース
スポンサーサイト

メイン



Powered By 我RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。