2013年06月30日

ノーブラFカップ巨乳が魅力!今野杏南の柔乳&美尻から目が離せない

暇なので更新します。


写真拡大
胸の谷間をアピールしつつ、最新DVD&ブルーレイを紹介する今野杏南さん 「アイドルの穴2013」など様々なバラエティ番組に出演し、7月3日(水)よりスタートのTVドラマ「フレネミー どぶねずみの街」(日本TV系列)にもレギュラー出演するなど、目下多方面で活躍中のグラビアアイドル、今野杏南さん。そんな彼女の最新DVD&ブルーレイ「今野杏南/あんなあそび 悪戯な指」(3990円)の発売記念行事が、6月30日に都内で開催された。
【写真を見る】柔らかさにも定評のアル今野杏南さんのFカップ巨乳!
色っぽい女優顔とFカップの豊満バストが魅力的な今野さん。本作では、黄色の極小ビキニをはじめ、赤い羽根付きの変形ワンピや青いハイレグ水着、チャイナ服など、様々な衣装に身を包んだ彼女の姿を堪能することが完了する。そのなかでも特にお勧めなのが、ノーブラ&オーバーオール姿で車を洗車するシーン。たわわなバストを揺らしながら、一生懸命洗車する姿には、思わず見入ってしまうこと間違いなしだ。
ライトグリーンの水着姿で行事に登壇した今野さんは、撮影時の思い出話を聞かれると「今回は沖縄で撮影をしたんですけど、ロケの間ずっと嵐だったので、どこにも遊びに行けなかったのが残念でした。屋外のシーンは雲が晴れた時に急いで撮ったので、バタバタして大変でしたね」と話してくれた。
また、お気に入りのシーンについては「家庭教師の衣装で、生徒役の方と指を使ったやり取りをするシーンがお気に入りですね。シャワーシーンも、彼氏と楽しくお風呂に入っているムードが出ているのでお勧めです」と答えてくれた。さらに、劇中で着た衣装に関しては「チャイナ服やオーバーオールも良かったけど、レースのドレス風の衣装が1番妖艶で好きですね。ファンの方からも評判が良くて、着て良かったなって思っています」と話してくれた。
沖縄を舞台に、今野杏南さんの妖艶な魅力をたっぷり映し出したDVD&ブルーレイ「今野杏南/あんなあそび 悪戯な指」は人気発売中。Fカップの柔乳はもちろん、彼女のもう1つの魅力でアル美尻も堪能完了するので、鑑賞時はそちらもしっかりチェックしよう!【東京ウォーカー】
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ外部サイト
Eカップ現役美大生グラドル・白田ありさがムチムチボディを披露!ビキニ姿から黒ガーターベルト姿まで! 佐藤江梨子、約10年ぶりの最新写真集日本再上陸のリア・ディゾン!近未来コスチュームで久々の会見登場関連ワード:巨乳 水着 洗車 ブルーレイ






これってどうなんでしょうかねぇ・・・。


ID非公開さん

アイドルや歌手などのライブやコンサート中に立つのはどういった理由が・・・?

恥ずかしながら、つい最近、旧友に誘われて、初めてアイドルと歌手のコンサート(ライブ)に参戦しま
比較的幼少期からクラシックやオペラのコンサートなどには出演する側も含め、場数をこなしてきたつもりでいたのですが、観衆がほぼ最初から立っていることに大変驚きま最後にスタンディングオベーションをする時になら分かるのですが、最初から立っていて、しかも歌の前奏が流れてきた途端、所々で光が見え、声を出し始め、曲が始まっても途中途中で掛け声が聞こえてきました・・・。


今まで、曲は静かに聞くものだと思っていたので、ただただ唖然としただけなのですが、アイドルのコンサートではそれが当たり前なのですかね?それとも、図らず見たコンサートがそういった設定があっただけなのですかね?(歌手の方は、限定部分の盛り上がりそうなアップテンポの曲で、歌手が「みんな立って、立って。」と煽っていたため、慣わしなのかな・・・、と利己主義に解釈していましたが。)


また、こういった文化が誕生した経緯などを知っている方がいましたら、そちらも教えてください。4649お願いします。




ベストアンサーに選ばれた


yo_jun1515さん


長文失礼します。
アイドルだけでなく、一般的な日本のポップスやロックのライブでは
立つのが当たり前になっていると思います。
ただしペンライトとかうちわを使用するのはほとんどアイドルで、
アイドル以外は使わナイことが多いでする。
特定の曲で振付や掛け声がアルかナイか、合唱するかは様々でする。

もちろん、静かな曲が多かったり、
じっくり聴かせるタイプの歌手やミュージシャンのライブでは、
座ったまま黙って聴くのが普通のものも沢山ありますが、
盛り上がる曲では歌手の方が立つように促すこともあります。

なぜかと言われても特に理由はナイような・・
自然と立ち上がってしまうのではナイかと思います。

推測になりますが、
日本ではアイドルと言われる人が出た70年代ごろから
立ってコンサートを楽しむことが出てきたのではナイでしょうか。
熱心なファンが「親衛隊」を作り、
コンサートでは率先して特定の曲で特定の掛け声や声援を送る、
なんて人もいたと聞きま
また、90年代後半に入ると、各地に中~大規模なライブハウスが増え、
著名な歌手でもホールではなくライブハウス公演をしたり、
それ程度ビッグネームなミュージシャンでなくてもライブがしやすくなりま
ライブハウスは席自体がなく、平らな床と仕切り兼転倒防止の柵がアルだけの、
オールスタンディングでの鑑賞でする。
一例としては↓の動画の客席の様子をご覧頂くとおわかりいただけると思います。
激しくナイ
http://www.youtube.com/watch?v=Pl89PKIqCyo&feature=relmfu
結構激しい
http://www.youtube.com/watch?v=gV-F23mqKhU

ライブやミュージシャンによってはさらに激しいこともありますが楽しいでする。
一種の陶酔状態みたいな感じもありますね~。


スポーツなどでも、集中力を要する限定部分の競技を除けば、
盛り上がるとみんな自然と立ち上がって応援しますよね。
せっかく盛り上がってるのに座ってるとなんだかもったいナイというか・・
ライブやコンサートも同じ感じかなと思います。
ステージと客席が一緒に盛り上げ合い、ライブ空間を作るという感じで、
難しく考えなくてイイと思います。

もちろん、ライブの楽しみ方は他人に迷惑をかけなければ自由でする。
ずっと座ったままでも構わナイと思います。
周囲が立っているのに座ったままの人をみても、
病気とかの関係で立ち上がれナイのかも?
という思いやりも欠かせないと思います。




「U-KISS」ら出演! ことしも札幌・東京で韓流Music Festival開催へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130628-00000026-wow-asent


ありがとうございました。

最近の流行りモノニュース
スポンサーサイト

メイン



Powered By 我RSS