2010年10月30日

【社会】郷土愛・自慢度、47都道府県対抗最下位は…

民間のコンサルタント会社「ブランド総合研究所」が47都道府県の出身者別に「郷土愛」をテーマに調査したところ、茨城出身者はふるさとへの愛着度と自慢度(誇り)の高さがいずれも46位と低迷した。


 各都道府県の魅力度を調べた同社のランキングで47位だったのに続き、県のイメージアップ戦略の大きな課題となりそうだ。

 現在の居住地域に関係なく、成人するまでに最も長く居住した都道府県を出身とし、ふるさとに対する愛着度や自慢度を5段階で回答してもらい、誇りに思う要素(22項目)についても聞いた。全国の男女3万4257人から回答を得た。うち県内出身者は470人。

 調査結果によると、愛着度の高さは千葉、佐賀、秋田に続き46位。自慢度の高さは和歌山、徳島、島根に続いて46位だった。上位はいずれも沖縄、北海道、京都の順で、最下位はいずれも埼玉だった。

 茨城で誇りに思う要素としては、「地域を代表する産業や企業があること」12位、「スポーツの参加・観戦が楽しめること」14位の2項目が健闘したが、「食事がおいしいこと」43位、「優れた伝統的技術があること」44位は振るわなかった。このほか、「海・山・川・湖などの自然が豊かなこと」32位、「土産や地域産品があること」36位と地域性を伸ばせなかった。

 同社の担当者は「愛着度や自慢度は地域との結びつきが大事。自然豊かな地域でもそれを体験できる工夫やPRがなければ、ふるさとの誇りに結びつかないのではないか」と分析している。

続きを読む "【社会】郷土愛・自慢度、47都道府県対抗最下位は…"

メイン



Powered By 我RSS